内臓脂肪とはその名の通り内臓、正確には内臓のまわりにつく脂肪です。蓄積されるのも早いですが、分解されるのも早いという性質を持っています。男性は内臓脂肪を蓄えやすいので、内臓脂肪が大きくなる傾向にあります。

内臓脂肪は体内で悪玉物質の量を増やすので、糖尿病脳梗塞高血圧などの成人病にかかる確率が非常に高くなります。
皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織という部分につく脂肪です。
体の表面に近い部分にあり、”つまめる脂肪”です。皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪いので、どちらかというと分解されにくい性質を持っています。

生活週間病などの原因にはなりにくいのですが、外見的には肥満体型が目立ちやすくなってしまいます。